スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

褒めて伸びる子なんです。

  • 2008/04/02(水) 22:09

褒めて伸びる子

スイミングスクールの先生の言葉。
褒めてあげると、ものすごくはりきって泳ぐんですよ!

最初は親の思惑(ダイエット)で行かせたスイミングスクールだけに、本人が続くかどうか心配だったのですが、毎回楽しみに言っています。

なんと言っても、先生が褒め上手!
…なのが最大の要因かと。

上の子のゆうは「できて当たり前、できなかったらダメ」と、褒められることがあまりありません。これじゃあ、勉強とかちょっと苦手なことに対して「投げやり」になって当然ですよね?

世の中には色々なタイプの子がいますが、うちの子の場合は「褒めて伸びるタイプ」みたいです。親としていっぱいいいところを見つけてあげなくちゃな~と反省。

あっと言う間?の一年間

  • 2008/03/22(土) 23:32

地元子供会の歓送迎会でした。

プレゼントをもらう立場からあげる立場へ。

思えば去年のコレが、ゆうが子供会に入った最初のイベントでした。
持ちきれないぐらいのプレゼント(毎年恒例、一人が一つずつ新一年生にプレゼント)を抱えて、嬉しそうだったっけ。

あれから一年。
早いようでたっぷり濃密だった日々。
今思えば、仕事をしながら、駆け足で通り過ぎたのがもったいない気がする。

今年はどんな一年になるんだろう。
フリーになったことで、ゆっくりと、子供の成長に寄り添っていけるといいな。

本日は卒業式でした。

  • 2008/03/18(火) 19:28

一人下校失敗に終わる

初一人下校失敗に終わる

本日は卒業式。
一年生は最初だけの参加らしく、
ナント8時45分に下校。

…学童保育に入れるのもなんなので、
「今日はお家まで帰ってくる?」と言うと
「うんっ」と嬉しそうなお返事だったのですよ。

で、待ってたのですが、帰ってこない。
迎えに出ても、他のお友達ばかり。
ゆうの姿は無し。

ありとあらゆるルートを探してみて、
諦めて帰ろうとしたら、
トボトボと帰るゆうをやっと発見!
「迷子になってたの…」と。

あらあら、やっぱり一人下校は当分無理だね。

余談ですが、本日のゆうの持ち物は「こんぼう」
…まっさきに勇者の最初の装備品を連想してしまうのは、
ゲーム好きのさがでしょうか。

勉強なんてできなくてもいいんだ!…ただ、嫌いなってほしくない。

  • 2008/03/08(土) 17:23

勉強なんてできなくてもいい、ただ、嫌いなってほしくない。

理想は限りなく遠い。

あれですよ。テストの点が何点だろうと、そんなの所詮結果論。
この母は全く気にもしません。

…ですが、こないだ息子から出た「勉強嫌い」の言葉はショック。

君のおじさんはこの母の誕生日(当時6歳・11歳)に「ドリル」を
くれるぐらい勉強好きな人だったのヨ~。


初バレンタイン・祝バレンタイン

  • 2008/02/14(木) 22:50

初バレンタイン
白昼堂々の告白?
いやあ、びっくりした。
オカン人生でイチバンのサプライズよ。
まさかあのゆうがねぇ…。

参観日の帰り道。
五時間目の後、息子と一緒に帰っていたら、
小さな女の子が駆けてきた。

「これ、ゆうにあげる」
そう言って渡されたのは、まごうことなきチョコレート!
呆然とする母を尻目に、
今日が何の日かを全く知らないゆうは「?」と不思議顔。

しかも男友達と「●●さんにチョコもらったー!」と言いふらし
ながらさっさと女の子を置いていきやがった!!
わが子ながら、なんたるデリカシーの無さ!(怒)

取り残された母とその女の子はゆうを追いかけつつ、
世間話などを交わしておりました。
いや、なんかホント気まずかった!

後で聞いたら保育園の学童保育で一緒の上級生らしいヨ。
「今日はママと帰る!」と言い張る息子と、
「ゆうと一緒に保育園で遊びたかったのに…」と残念がる少女。
この母はもう少しでヨメに来るか?といいそうになりました。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。